「Oculus Quest 2」の“脱獄”に報奨金? フェイスブックの意向に反発 – Mogura VR

2020年10月13日に発売された「Oculus Quest 2」(以下Quest 2)の“脱獄(JailBreak)”に報酬を支払うという人物がTwitterに現れ、注目を集めています。脱獄は、スマートフォンなどデバイスのルート権限取得を指す言葉です。

その人物とは、 Mozillaのシニア・ソフトウェア・エンジニアでWebXRに携わっている Robert Lengthy氏。同氏によれば、ルート権限の取得に成功した場合、報奨金として5,000ドル(約52万円)を提供する用意があるとのこと。



「Quest 2」は、高性能と低価格(国内販売価格37,100円(税込/64GBモデル))を両立したデバイスですが、使用にはフェイスブックのアカウントが必須となっており、議論を呼んでいます。

プライバシーポリシー変更が発表された8月、Long氏は「もしOculusプラットフォームでの開発にフェイスブックのアカウントが必要になるなら、これ以上彼らをサポートする気はない」と発言。「Quest 2」の発売以前は、“初代”Questの脱獄に報奨金を出していました(成功者は現れず)。

Long氏によれば、ルート権限があれば、ユーザーはOculus Homeをカスタマイズ可能になり、フェイスブックへのログインは、必須ではなくなるとのこと。「SideQuest」のような非公式ストアをOculus Storeと置き換えることも可能になります。

Oculus Quest 2のアカウント凍結問題 Facebook側の回答は?【10月15日追記】 | Mogura VROculus Quest 2のアカウント凍結問題 Facebook側の回答は?【10月15日追記】 | Mogura VR

Oculus Quest 2のアカウント凍結問題 Facebook側の回答は?【10月15日追記】 | Mogura VR

MoguraVR

VRヘッドセット「Oculus Quest 2」発売!チェックしておきたい記事まとめ | Mogura VRVRヘッドセット「Oculus Quest 2」発売!チェックしておきたい記事まとめ | Mogura VR

VRヘッドセット「Oculus Quest 2」発売!チェックしておきたい記事まとめ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Street to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Copyright Zitub.com 2020