Windows Terminalのプレビュー版が0.9にアップデート、コマンドラインからターミナル画面を自由に呼び出せる新機能などが追加 – GIGAZINE


Microsoftが開発中のコマンドプロンプトPowerShellに対応したターミナルエミュレータ「Windows Terminal」が、バージョン0.9にアップデートされています。今回のアップデートで、コマンドラインからターミナル画面を自由に呼び出せる新機能や、バグフィックスなどさまざまな改善が施されています。

Windows Terminal Preview v0.9 Release | Windows Command Line
https://devblogs.microsoft.com/commandline/windows-terminal-preview-v0-9-release/

◆「wt」コマンドに新しいオプション
今回のアップデートで「wt」コマンドに新しいオプションが追加されました。wtコマンドを利用すると、コマンドラインからターミナル画面を自由に呼び出せます。例えば下記コマンドを実行すると……

wt -d


デフォルトプロファイルとして設定されている環境が別ウィンドウで起動します。


新しく追加された「new-tab」オプションを使うと、環境を指定しながら複数のタブでターミナル画面を表示できます。

wt -d . ; new-tab -d C: wsl.exe


例えば、デフォルトプロファイルに指定しているPowerShellを開きながら、別のタブでWSL上のLinuxからCドライブをマウントすることができます。


画面を分割してそれぞれ別の環境を立ち上げることも可能。


コマンドを組み合わせれば、複雑な環境を一発で立ち上げることもできます。


◆複数のバージョンのPowerShellを自動で認識
複数のバージョンのPowerShellを自動で認識し、Windows Terminalのプロファイルに加える新機能が追加されました。


◆「すべてのタブを閉じる」確認をスキップ
バージョン0.9からはWindows Terminal終了時の「すべてのタブを閉じる」確認をスキップすることができます。


設定ファイルの一番上に下記の記述を追加すると、確認をスキップしてWindows Terminalを終了できるようになります。

"confirmCloseAllTabs": false,

他にも細かなアップデートやバグフィックスが多数施されているとのこと。Windows Terminalのプレビュー版はGitHubにソースコードが公開されていて、Microsoft Storeからインストールできます。

GitHub – microsoft/terminal: The new Windows Terminal and the original Windows console host, all in the same place!
https://github.com/microsoft/terminal

この記事のタイトルとURLをコピーする

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Copyright Zitub.com 2020